小論文をマスター|入試に必要な小論文などの受験対策【通信専門学校で自分に合わせて学ぶ】

小論文をマスター

作文用紙

志望校の出題傾向を予測

入試に小論文が課されている場合には、志望校がよく出題するテーマやジャンルを調べておくといいでしょう。どの学校にも、ある程度の出題傾向やパターンがあります。そのため、出題傾向を予測してそのジャンルを重点的に書き方の練習をしておくことが大切なのです。

添削をして改善点を把握

小論文では、書き方を学んでいかなければなりませんが、自分の判断で良い小論文が書けたと思っているだけでは良くありません。他人に読んでもらい、アドバイスを貰って間違いを正すことが大切なのです。そこで、添削をしてもらいましょう。自分が書いたものを添削してもらうことで、良くない癖や傾向が見えてきます。それを改善していけば、小論文で良い評価が得られるようになるでしょう。添削は、専用サイトから依頼でき、きちんと指導してもらえますよ。

書き出し方のステップ

小論文を上手くまとめるためには、問題提起から結論まで順序よく書く必要があります。しかし、当然のこと問題提起と結論だけでは小論文で課されている文字数には足らないはずです。そのため、問題提起から結論の間には、反対意見への理解やご自身の意見を提示、そして理由説明をきちんと文字数制限以内で考えて書ききりましょう。

理由説明が大切

小論文では、テーマに対してご自身がどう思っているかの意見はとても重要になります。しかし、その意見には理由が必ず求められ、ご自身が思う根拠を論理的に説明する必要があるのです。