通信課程で学ぶ|入試に必要な小論文などの受験対策【通信専門学校で自分に合わせて学ぶ】

通信課程で学ぶ

学生

通常の専門学校との違い

通常の専門学校では、授業内容や授業時間が年間で設定されています。そのため、決められた時間に学校へ通い授業を受けなければいけません。しかし、通信制専門学校では、学校側から自宅に課題が送られてくるので、学校に通う必要がないのです。

通信制専門学校のメリット

通信制専門学校においては、通信課程ですからご自宅で好きなタイミングで勉学に励むことができます。また、学校に通う通学時間を短縮し、その時間を勉強にあてることも可能です。確かにプロの講師が教える方がわかりやすいですが、自身の好きなように勉強したい方は通信課程はおすすめできます。

ライフスタイルで調整

通信課程なら、「昼に働いて夜に勉強」また逆に「昼に勉強して夜に働く」といった手段がとれます。そのため、生活費を稼ぐ必要がある方でも、ライフスタイルに合わせて勉学に励むことができるのです。

通信制専門学校に関するQ&A

通常の専門学校と通信制専門学校ではどちらの方が学費が安い?

通常の専門学校においては、プロの講師を雇い授業を行います。また、勉強するための設備や機材も学校側で用意することが多いので、それだけ学費も高いです。それに比べて、通信制専門学校では、送られてくるテキスト代だけで講師や設備、機材の費用は必要ありませんから、遥かに安い金額で済みます。

確実に資格取得がしたい場合ではどちらを選ぶ方がいい?

資格取得を確実にしたいのならば、通常の専門学校を選ぶべきです。もちろん、通信制専門学校でも資格取得は目指すことは可能ですが、その場合には自主性の高さが求められます。また、通常の専門学校では資格取得の対策もしっかりとしているので、試験の合格率は高いです。

貯金が少なく専門学校に入るまとまったお金がなくても通える?

現代において、教育ローンや学費クレジットなどを利用すれば、貯金がなくても専門学校に入学することが可能です。また、通信制専門学校の場合には、元々の学費も安く働きながら勉学に励むことができますので、入学を検討してみてはどうでしょうか。

美容師や調理師を目指す方に通信制専門学校がおすすめされないのは何故?

美容師や調理師などの資格を通信制専門学校で取得してしまうと、いざ現場に出た場合に実技不足で苦労してしまう可能性が高いです。そのため、通信制専門学校で美容師や調理師の課程を押さえるのなら、アルバイトで現場で実践経験をしておくことをおすすめします。

通信課程がある学校はどうやって探せばいい?

通信課程がある専門学校は今では数多く存在しています。しかし、実際に通信制専門学校を探すとなると難しいと思います。そんな時はネットで検索してみましょう。ご自身が目指す学科と住んでいるエリアを合わせて検索するだけで、いくつかヒットするはずです。